dream

建築そして日々のこと-「北からの発信」
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
ヒココニシの歯医者さん

数ヶ月前にオープンした歯医者さんです。
設計は、ヒココニシ設計事務所である。

オープンしていたのはしっていたのだが、時間が無く見に行く機会が無かった。
しかし前を通る機会に恵まれ早速拝見させてもらった。
例によって内部のウォッチングは出来ないが、外観だけでもけっこう楽しめた。
一番の特徴は南面の外観を折鶴のように折り曲げたところでしょう。
単純な窓の配列を廃し、連続した開口部と外壁のコラボが斬新さをかもし出している。






ガルバリューム鋼板の外壁とガラスの愛称が抜群。







やはり、内部空間が気になりますね。
| ひかる | ヒココニシ設計事務所(北海道) | 15:14 | comments(15) | trackbacks(0) | -
十勝牧場
久ぶりの更新です。

1週間ほど前、東京にいる末娘が5日間の予定で帰郷しました。
1年半ぶりの里帰りです。
十勝の雰囲気を味わうため初めて「十勝牧場」に行ってきました。
広大な敷地の中先ず目に付いたのがこの診療所です。
かなりの年代物ですが、現役で使用しているようです。
味わいのある板張りの色調がなかなか味わいのある風情をかもし出しています。

十勝牧場の診療所

展望台に向かって進んでいくと遠くにどさん子がたくさんいました。
久しぶりに馬を見た。
馬だ、馬だとみんな騒いでいる。

展望台に行った帰りまたよるとどさん子がぞろぞろと移動しています。
おやッと見ていると水を飲むためにみんな水飲み場に向かっていました。
近づいてみているといろんな表情を見せながら水をおいしそうに飲んでいました。
記念に数枚写真を撮りました。

十勝牧場のどさん子
| ひかる | 帯広 | 12:11 | comments(0) | trackbacks(0) | -
屋内ゲートボール場
この建物は芽室町という街にある屋内ゲートボール場です。
芽室町はゲートボール発祥の地です。





続きを読む >>
| ひかる | 建築 | 21:51 | comments(0) | trackbacks(0) | -
十勝川温泉河川敷 Phot Gallery






美人の湯で有名な十勝川温泉郷の河川敷の朝です。
◆写真をクリックすると移動します。


Untitled...by 1000leaves.jp





| ひかる | 写真 | 18:14 | comments(0) | trackbacks(1) | -
建築家ヒココニシの平屋住宅in帯広




ヒココニシ設計事務所設計の平屋住宅の完成見学会があった。


続きを読む >>
| ひかる | ヒココニシ設計事務所(北海道) | 13:50 | comments(2) | trackbacks(0) | -
Real Design


ちょっと本屋さんの雑誌コーナーを見ないでいるとこんなにいろんな雑誌が出ているのと思うくらいありますね。
建築に関する雑誌も建築オンリーの内容からいろんなジャンルの記事と建築を織り交ぜた雑誌がずいぶんと多くなってきている。

・BLUTUS
・casaBLUTUS
・Pen
・TITLE


今日見た雑誌でおもしろいなと思ったこの雑誌「Real Design」は、副題に「世界が羨む東京建築」とある。
その中で今をときめく、中村拓志と迫慶一郎が特集記事として載っていた。
中村拓志の持っているアイテムの紹介までしていた。
バッグはリモア
椅子はイームズチェア
ワイヤレスポインター
パソコンはパナソニック
etc
まるで男性ファッション誌のようだ。
私の知っているところ「casa BLUTUS」がこんな雑誌の始まりのように思える。?
建築も堅苦しい鎧を脱いで、ファッション感覚でとらえられる時代になってきたようだ。
若手建築家の台頭が新しい建築のスタイルを広告媒体までも変えようとしているようだ。

私の大好きな安藤忠雄もcasaBLUTUSに特集記事を組まれていましたけど。。。
時代は変わる。
当たり前だけど。
日本の建築は、世界にひけをとらないものに成ってきている。
むしろ、羨望のまなざしが向けられていると思う。
日本万歳!!

| ひかる | | 21:45 | comments(0) | trackbacks(1) | -
文旦(ぶんたん)


四国の南国市に転勤になった知り合いの学校の先生から送られてきたのが、
この「文旦」というフルーツ。
はじめて聞く名前で、こんなフルーツがあるのは知りませんでした。
四国・九州あたりで採れるようです。

送ってきたダンボールには、高知県立農業高校の名前が入ったトラックの
絵が印刷されてあり学校から10分ほどの農園に弁当もって通い、
丹精こめて作った旨、書いてありました。

さっそくいただきました。
はじめて食べた食感は、ザボンと八朔とグレープフルーツを
あわせたような味でした。
さっぱりしていて酸味もそれほどきつくなく、口当たりの良い味でした。

生徒達が一生懸命作った丹精こめた味かな。
物を造る仕事というのは、やはり良いですね。
農業は、手をかけて育て上げる、そして実りがある。
やりがいのある仕事だと思う。

先生はじめ、生徒の皆さん、ご馳走様でした。
美味しかったです。
| ひかる | 食べ物 | 19:26 | comments(0) | trackbacks(0) | -
地中熱ヒートポンプは地球を救うのか。
いま地中熱ヒートポンプの勉強をしている。
地球環境にやさしく、CO2を出さないエネルギーである。
地中の安定した温度を利用して冷暖房・給湯をすることができる。
あわせてロードヒーティングも可能だ。


外気温は季節によって変わるが、地中の中の温度はいつでも約15℃で一定している。
この温度差を利用したポンプが、地中熱ヒートポンプだ。

夏は室内の熱を地中に逃がし冷房を、冬は土の熱を取り込んで室内に暖かい空気を送り込む。あわせて給湯もできる。


地中とヒートポンプの間を不凍液が循環することにより熱のやり取りを行う。

原子力はCO2を出さないが放射能汚染がある。
風力やソーラーも天候に左右されやすい。
地中熱を利用することは、安定した熱エネルギーを確保することができる。

今後、ますます普及すると見られているエネルギー源だ。
注目に値するシステムなので、大いに勉強したいと考えている。
| ひかる | 地球環境・IT | 15:31 | comments(0) | trackbacks(0) | -
パン工房
街で見かけた建物。
よく見ると帯広調理士専門学校パン工房と看板があった。
ショップを兼ねて製造販売しているようだ。


スイスの建物のような雰囲気で可愛い感じだ。

TV NEWSで高校生が作る学食がある高校で
尚且つショップまで持っている学校のレポートを見た。

もったいない精神に合致している。
勉強をかねて作ったものを販売し、食物連鎖を行っている
とても良いことだと思う。
| ひかる | 建築 | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) | -
エポックメイク
今日は久々にうれしい知らせがあった。
以前からとても気に入っていたデザイナーの方と
一緒に仕事が出来そうです。
コラボレーションを組んで仕事が出来る旨の同意の
メールが入った。

とてもうれしい。
彼のデザインには心から引かれるものがあったんです。
家のデザイン。
デザインの分野はたくさんあるが、家のデザインは
その中で家族が生活を営む大切な空間のデザインです。

そんな空間をデザインすることは、大げさに言えば
人を創るお手伝いをすることです。

大切な家族の絆を創りだす空間クリエーター。
彼と仕事がしたく願っていたことが現実になりそうです。

こんなデザインをしています。



今後素晴らしい家造りが出来そうだ。
何だか心がワクワクしてきた。
| ひかる | my note | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ